身体、心、暖まる「ゆであずき」。素敵な素敵な一杯です。 浅草 デンキヤホール

うわぁ〜さむい!
そんな北風ビュービューの浅草。
オヤジグルメ隊は、浅草食べ歩きを経て、まずは一軒目のお店に。

今流行の「観音裏」。
その千束商店街にある、コチラのお店。

「デンキヤホール」さん。



コチラのお店。
実はね、我が輩、このオフ会の幹事のくせに、コチラのお店「お初」。(^^;

へっへっへ。

来たかったんだぁ〜。
ようやく、来れた。

うわぁ〜、寒い寒い。

入りましょう〜。(^0^)/

こちらは、外見どおりに、レトロな感じのお店です。
凄く良い感じ。

我が輩たちは、奥の方の客席に。

あぁ〜、温かい。
ホッとするね。

奥の壁に張ってある、コレ、かなり歴史感じるね〜。


メニューを見ましょう。

喫茶店の定番メニューに


甘味系


お食事系も揃ってます。


今回は、コチラのお店ならではの一品を注文しました。

じゃ〜ん!

「ゆであずき」(500円)。


注文して、すぐに出て来るかと思ったら、結構時間かかりました。
ってことは、一つ一つちゃんと丁寧に作っているという事。

ちなみに、Uターンさんは、「あずきオレ」を。


このみごとに二層になっている「ゆであずき」。


いただきますね。

まずは、上澄みを飲んでみますね。

(^0^)

あ、ちょっとしょっぱい。
そのあとに、甘さが。

スプーンであずきをすくいながら、飲みながら。

うわぁ〜、これ、旨いわ。

温かいし、あずきが「ほっこり」していて、甘いし、塩気もいいかんじ。

これが本当の「いい塩梅」。

美味しい!

じつは、この「ゆであずき」。
110年の間、代々受け継がれている味だそうです。

やっぱりね!
なんだか、歴史の重さというか、ただの甘味じゃない感じがしたんだよねぇ〜。

そして、コチラの女将さん。
ゆであずきの歴史、浅草の歴史にかなり詳しいお方です。
いろいろお話しして頂きました。

それから、壁にかかっている「版画」。
こちらもかなりの貴重なものらしいです。


それにしても、この「ゆであずき」は、下町浅草を代表する逸品です。
本当に美味しい。

さて、ホット一息ついた我々は、これからメインのお店へ向かいます。



美味しかった!
ごちそうさまでした。


おみせでーた
デンキヤホール
東京都台東区浅草4-20-3
03-3875-2987
定休日 水曜日
9時〜21時

コメント

No title
TVでは見た事のある、ゆであずき。
東MAXお薦めのお店ですね!
No title
>スプーンであずきをすくいながら、飲みながら。

飲み方が難しそう(でもない?)時代の重みを感じるメニューですね。
オムまきがメインになるかと思ったら次がメインですか~
No title
>Kさん
あ、そうですか!やっぱりテレビでも取り上げられますよね。
おぉ〜、東MAXのご推薦のお店ですね。
東MAXの実家の「中華 あづま」さん、行った事有ります。
いまや浅草の有名人といったら、東MAXさんですよね!!
No title
>路地裏さん
コメントありがとうございます。
大丈夫!
のんで、スプーンで小豆食べて、またのんで・・・って感じです。
実はね、オム巻きも食べたかったんですが、この前の浅草食べ歩きが影響して今回は敬遠しました。
今度、独りで行ったときに食べたいです。
No title
メニューのオムマキも気になりますね~
No title
>y_flugelsさん
コメントありがとうございます。
そうなんですよ!!
オムマキっ!
このときは食べられなかったんですぅ。ちょっと残念でした。
次回は食べてレポしますね。(^^)/

管理者のみに表示

トラックバック