お古乃美焼は祇園名物!気取らない美味しさは納得〜! 祇園 壹錢洋食の店

「マルル一等兵の奈良京都一人食べ」も今回でラスト。
みなさん、長い間観ていただいて、有り難う御座います。
今回のレポは、おやつ(パート2)でございます。

今回はお好み焼き屋さんに行ってきました。

場所は四条大橋を八坂神社方面に渡って、ちょっと先を左に入った、右側にあるお店。

「壹錢洋食の店」さんです。

外見は、どうみてもおみやげ屋さんにしか見えないような、賑やかさ。
つーか、わけわからん!

歓迎 赤穂の浪士ご一行様 とか
歓迎 水戸黄門ご一行様 とか書いてあるの。

こねーよ!

つっこみどころの雨あられのお店です。

こちら、歴としたお好み焼き屋さんなんです。

そのど派手な外見から、何度か入るのを躊躇したのですが、今回ようやく入ってみることができました。

店内に入って、好きなところに座ると、突然・・
「洋食、一枚お焼きしてもよろしかったですかぁ〜(^^)」
と、ほぼ、強制の誘い・・。

(あぁ。。。遠い昔に・・・こんな感じの強制的な誘いを受けたことがあるぅ・・・。
 ナイルレストランで・・入店するといきなり・・「ムルギーランチかなぁ〜」・・・といわれた・・あの記憶が・・・。)

まぁ、きっと、我が輩が食べたいアレだと思ったので、一つ焼いてもらうことに。

そして、折角だからドリンクも頼んじゃおっと。

「えーと、・・あと・・冷やしあめ、を一つ」

ふふふ。頼んじゃった。
冷やしあめ。

1回目の京都から、ずーと飲みたかったもの。(^^

とにかく店内は賑やか、
絵馬だとか、たくさんいろんなモノが飾ってあります。

我が輩、座った席が反対だったので、店内の様子は画像に撮れず・・・。

すぐに「冷やしあめ」がきました。

(^^;)これって、ビールのグラス・・・(^^;

ま、飲んでみましょう。

うぅ・・・・砂糖水に生姜汁と、ニッキの味がするようなしないような・・。
・・・でも・・・

おいしーい!(^0^)

我が輩、口に入るモノのほとんどを美味しく感じる特異体質。
これ、きらいじゃないよぉ〜。
雰囲気あって、いいじゃない〜。
東京では飲めないもんね。

お、お水をのみましょ。

・・・って、紙コップかい!!

すてき。

すてきとしか、いいようがありません。(^^)


さて、ちょっとすると、きましたよ。
これね。

お好み焼きです。
こちらでは、お古乃美焼と書かれています。

アップでポン!

ちょっと、この、周りのパリパリっぽい感じ、わかります?
刻み海苔もふわぁ〜とかかっていて、美味しそう。

丸く焼いたお好み焼きを、半分に折った感じで出てきます。

横から見ると、中の具が・・・。

さて、いただきます。

(^^)

なかには、こんにゃくや、ねぎ、ちくわなどの具が入っています。
玉子がとろ〜としていて・・・。

おいしい〜。

生地はそれほど厚くないです。むしろ薄め。
具をその生地で来るんだ感じのお好み焼き。
(^0^)
味付けはソースのみ。
そのシンプルさが、また美味しい。

今まで食べてきたお好み焼きとも、ちょっと違う感じですね。
ふふふ。(^^)
おいしーざんすぅ〜。

隣のお客さんが、「七味ありますか?」「マヨネーズありますか?」
との問いにも・・

   「ありません。」

その、「勝手な味は付けさせない」的な姿勢・・アルトオモイマス!
コレはこれで食べなきゃね〜。

あー、おいしかったぁ〜。
ごちそうさまでした。

コチラを後にして、バスで京都駅へ。
京都駅にうつる京都タワーが面白いでしょぉ〜。

さて、新幹線にはもう少し時間があるので・・・
お土産を買って・・と。

小腹が減ったので、ロッテリアで「絶品チーズバーガーセット」を食べて・・・と。

ようやく新幹線に乗り込みました。
帰りはいつもグリーン車。
これがね、グリーン車って、いいのよね〜。
ゆったりできてね。

さてと、京都駅を出発したことだし、駅弁を食べましょ。 (また食うんかい! ブタ!!)

ふふふ。(^^)

〆は、京都の駅弁です。
あぁ、お茶は「からだ巡茶」でしょ。だって、かだらのこと考えてるもん。(^^;

オープン・ザ・べんとー!
じゃーん♪

きゃぁ〜。
ラブリー、ラブリー。

俵型のおむすびに・・・

可愛いおかず。
雰囲気、雰囲気、京料理。  。。。グーッ!

いっただきまーす。

(^@^)¥

ーーーー> 一路、東京へ!

皆さん、見ておわかりのように、このようにして我が輩は、ブタになりました。
めでたし、めでたし・・。



      マルル一等兵の奈良京都 一人食べ
             (完)




かなりのハイピッチで更新してまいりました。
みなさん、最後まで見ていただいて有り難うございます。
はじめて見に来ていただいた皆さんにも、感謝しております。
これからは、いつものペース(週に2回くらい)に戻ると思いますが、何卒宜しくお願いいたします。


何位? ー>人気ブログランキングへ


おみせでーた
壹錢洋食の店
京都府京都市東山区四条通縄手角
075-533-0001
11時〜翌3時(日曜祝日は10時半〜22時)
無休


↓↓ ☆ブログランキングのクリックお願いします ↓↓
人気ブログランキングエントリー中!めざせ上位!

コメント

No title
冷やし飴の元が千住で買えますよ。
あ、正確には買えたになってるかも知れません。
千住竜田町のヤオシチというスーパーを知っていますか?
そこでまだ寒い頃にアメ湯の元というのが売っていたのですが、それは冷やしアメの元と中身は同じで、暖かい時は冷やしアメで寒い時はアメ湯になります。
京都の伊藤軒という駄菓子屋さんから仕入れているものです。
伊藤軒さんは京都駅から近いし、結構お勧め出来る店です。
私はこれでチャイを作って今年の冬を過ごしましたw
生姜が効いてるのでジンジャーチャイになります。
寒い時期にしか作られない酒飴も美味しいし、豆が入った瓦煎餅と職人さんの手作りのかりん糖がお勧めです。
HP通販出来ますが、店に行くと職人さんが瓦煎餅を焼いているところ見れますし、時々見せの人が焼き立ての煎餅をくれたりします。
ただ、休みが多いので注意ですw

壱銭洋食さんは目立ちますよねw
京都より大阪の方が合うイメージが有ります。
本当にいっぱい食べましたねw
私の場合帰ってからの和菓子が多かったですね。
生菓子を買っていったので、その日に食べなければいけなかったのでw
No title
美味しそう!マルルさま
口にはいるもののほとんどを美味しく感じる特異体質
笑っちゃった。
お弁当もいいですね~美味しそう!
No title
壹錢洋食って、昔←こればっかし、新宿になかったかなぁ。なんか食べた気が・・・
お弁当いいですね、いかにも丁寧ですよね。で、東京駅では何を?笑。
お疲れさまでした。
No title
>lematさん
コメント有り難うございました。
え!ヤオシチさん。知ってます、知ってます。
中学の同級生の家でした。(^^)
アメ湯の元ですね。ちょっと探しに行ってみよっと。(^^)
冷たくして飲むと、涼しい感じがして良いですよね。
寒いときには温めて飲むと、生姜が入っているからポカポカ。
生姜湯みたいな感じであたたまりそうですね。
伊藤軒さんですね。(^^)
次回の宿題〜(^^)
壹錢洋食さんは、雰囲気は全くと言っていいほど大阪なんですけど、マヨネーズ置いてないんですって(^^;)
いろいろ美味しかった旅でした。
またいろいろ教えてくださいね。
No title
>MONICAさん
コメント有り難うございました。
えへへ。特異体質なんですうぅ(^^)
「おいしい」とおもって食べれば、なんでも美味しく感じます。
旅行では特にですね。
〆のお弁当も、「これで旅行おわりだー。」って思ったら、凄く美味しかったです。
No title
>かやさん
コメント有り難うございました。
なんか、歌舞伎町にありそうな感じですよね。
デパートの物産展では良く出展しているみたいですね。
お弁当、美味しかったですぅ
東京駅では、何も食べずに真っ直ぐ家に向かいました。(^^;

No title
更新お疲れ様でした~。楽しませて頂きましたっ!^^

実は3つめの記事の「銀福」、僕も京都旅行した時に行ったんですよ~。
あと晴明神社でもボールペン買ったり・・・。
その時の景色がリアルに蘇ってきてホント面白かったです!^^
もしかしてガイドブックが同じ!?とか思っちゃいました(笑)

そして最後のお好み焼き屋さん、ここは初めて聞きます!
おやつみたいに軽く食べられそうですね。美味しそうですっ^^
No title
>shun325さん
コメント有り難うございました。
あぁ!そうなんですか!(^^)
今回つかったガイドブックは「ぶぶる 京都奈良’09」を参考にしました。
銀福は、いきあたりばったりで入ったお店です。
清明神社では、みずかがみ御守りというペンダントを買いました。
同じ所を行っているのは、なんか楽しいですね。(^^)
最後のお好み焼き屋さんは、とても楽しいので、機会がありましたら是非行ってみてくださいね。


ガイドブックに載ってるんですか。
No title
冷やし飴、今まで知りませんでした。おいしそうですね~!
北千住ルミネの冨澤商店に、京都の蛇ノ目本舗製造の冷やし飴が
売ってました。麦芽糖と生姜が入って515円?でした。同じルミネの
成城石井には、京都の北尾販売で米飴と砂糖、はちみつ、生姜の
冷やし飴が378円で売ってました。麦芽糖の方がおいしそうだったので
そちらを買いました。やさしい甘さでさっぱりしておいしかったです!
ヤオシチさん、近所のおばちゃんが場所を知ってましたので、今度
行ってみま~す。喜田家さんの本店がそばにあるんですって!?
壹錢洋食のHP、おもしろかったです。Hな絵馬!(笑)
マルルさん、お疲れさまでした~!胃の方、休めてあげてくださいね。
えっ?そんな必要ない?って言われそ(^-^)
No title
>むねこさん
コメント有り難うございました。
「冷やし飴」って”元祖日本のジュース”って感じがして興味があったんです。ルミネや成城石井にも売っていたんですね。
それは、要チェックですぅ。
ヤオシチさん、ワタクシの中学校当時のクラスメイトのご実家なんです。ワタクシも懐かしく行ってみたいと思います。
No title
壱銭洋食はお好み焼きの原型らしいからマヨネーズは置いていないのではないですか?

同級生というのは副店長さんですか?
最近は行って無いのでまだ置いてあるかどうかは分かりません。
置いてあった場所は伊藤軒さんとかのお菓子が置いてある場所でした。
普通のお菓子売り場とは別の場所です。
それと元ではなく素ですよねw
すみませんでした。

喜田屋さんの本店近くに有りますね。
昔は工場も近くに有ったんですけど、今は緑町の方に移りました。
No title
え~~お好み焼きを食べた後にロッテリア、そして駅弁ですって??
さすがですね。和風のお弁当おいしそうですね。
あ~京都行きたいなぁ。
No title
>lematさん
コメント有り難うございました。
そうですね。お好み焼きの原型らしいですね。
お店のプライドを感じられました。(^^)
この夏、冷やし飴で乗り越えられそうです!
いろいろ飲み比べたりして(^^)
No title
>y_flugelsさん
コメント有り難うございました。
えへへ。
食べちゃいました。こんなにたくさん。
ふとるよね。(^^;)
京都はいいですね。だから毎年来ちゃうんですよね〜。
No title
恒例となった京都満遊記、今年も目一杯楽しんでこられたようですね。
A級B級、更にはデカ盛もひっくるめてあれこれ楽しまれたようで羨ましい限りです。今回のシリーズを拝見して、あらためて私もこういうお仕着せじゃない旅行をしてみたいなと思いました。ただ、行き当たりばったりが服を着て歩いているような性格の私なので・・・無理か?。
No title
>kikumaruさん
コメント有り難うございました。
京都漫遊記でございました。
今回もいろいろ食べまして、とても楽しんできました。
超A級はないまでも、このチョイスがワタクシらしいかなぁ〜と思っております
京都は今回で3回目。なんとなく主要なところは廻りました。
一人旅も楽しくなってきたので、つぎは京都以外に行ってみたいと思っています。
No title
ヤオシチ行って見ましたが、アメ湯の素もう無かったですね。
代わりといってはなんですが、千鳥酢が置いてあったので思わず買ってきてしまいましたw

あと、ガイドブックですが、ミーツの京都本が結構面白いですよ。
関西の出版社なので有名なガイドブックには載ってない事も載っていたりします。
No title
>lematさん
コメント有り難うございました。
今日、ヤオシチに行ってきました。
見慣れない大男がうろうろしているので、お店の方には変に思われたかもしれませんね。いろいろ探したんですけど、やっぱりなかったですよね。
でも、いろいろ見て回って、興味深いものが沢山ありました。
そんななか、飛騨高山のタニコシの菓子パンと、ピーナッツペーストなんかを買ってきました。
近くの双子鮨のお持ち帰り用「ばらちらし」がちょっと気になりました。
No title
知らなかった。こんなタイプのお好み焼きがあるなんて。
関西圏のお好み焼きはオールインミックスだとばかり思って
いました。この形状は広島風のお持ち帰りパックには
よく見られるタイプですね。
No title
>ひびさん
コメント有り難うございました。
確かに珍しい感じですよね。混ぜていなくて、キャベツが少なくてという、お好み焼きですね。
その昔、(昭和50年位)屋台のお好み焼きで「藤田のお好み焼き」っていう屋台があって、これは、具こそ少なめですがこんな感じでした。
って、だれも知らないですよね〜。
No title
「屋台 藤田焼き」でけっこうひっかかりました!千住のお好み焼き、
「宏月」さんで「藤田焼き」があるそうですが、写真を見ましたら、
それっぽいような気がしましたけどそうですか~?あと文化フライ
というのも初めて見ました。千住の昔、勉強になりました~(^-^)
No title
>むねこさん
コメント有り難うございました。
(TT)うぅ〜〜っ!
そうです。藤田焼き。あれですあれ!!
いま宏月さんのHPでみたら・・あれです!
クレープみたいに薄く生地を敷いて、上にキリイカだの紅ショウガだの魚肉ソーセージを乗せるんです。
文化フライは青春です。小判型の素フライでソースに浸して食べる・・。(^^)
あ〜、懐かしい!
宏月さんに行かねば!
No title
文化フライと言えば赤門寺の縁日ですねw
ソースも独特なやつでしたよね。
宏月さん以外にも何処かで食べられると聴いた記憶が有るのですが、詳しい話は忘れてしまいましたw
足立区内なのは間違いないと思います。
No title
調べましたら、西新井大師そばの「たかしげ」という居酒屋さんと
書いてありました~!梅田の長谷川商店さんから仕入れているのかも。
赤門寺の縁日、ぜひ行ってみたいですね。東口の縁日はたまに
見かけますが、地元の方はずいぶんさみしくなったとおっしゃって
ました。文化フライはなさそうですが、藤田焼きみたいなのは
見かけたような記憶があるので、今度探してみま~す(^-^)
ソースが独特らしいですね。マルルさんとlematさんの青春の味、
足立区の思い出の味、興味あります。。。
No title
>lematさん
コメント有り難うございました。
おーっ!ご存じですね。>文化フライ
縁日の時には必ず食べていました。
うみほうずき、十徳ナイフ、オオカミ少女、雑誌のオマケを売るお店、アイス、藤田のお好み焼き。
あー、懐かしい。
いまは、なかなか行く機会がなくなってしまいまいたが・・。
久しぶりに食べたいものです。文化フライ。
No title
>むねこさん
コメント有り難うございました。
情報有り難うございます。
赤門の縁日はいまは昔の趣こそなくなってしまいましたが、時代の流れでしかたがないですよね。
東口の縁日も昔は賑やかでしたが、今は・・・。
これも、いたしかたありません。
どこかで、「文化フライ定食」を作ってくれないですかね。
ある意味、メタボ料理なのですが・・・たべたーい!

管理者のみに表示

トラックバック