川端 (銀座) / 「土日の夜に、このお値段で銀座で懐石」ってアリエナイ!!

恒例のオヤジグルメ隊のレポでございます。
実はですね、9月の上旬に行ったんですが、なになにいろいろ忙しくて、アップが今頃になっちまって、すみませんです。

今回は、ジェイジェイさんが幹事で、銀座での食べ歩きでございます。
あぁ〜、お銀座、ざますよぉ〜。
も〜、ハイソでオサレでモガ、モボもどんとこい!ときたもんだ!!

さて、まず一軒目でございますが、ま〜、今回は一軒目から
「今週のハイライト!」
🎵パンパカパーン

だそうです。
これは、期待しちゃいます・・っていうか、銀座だから、怖い・・・。

銀座4丁目の交差点から、新橋方面に歩いていきます。
そして、とあるビルの前・・。

こちらです。

川端」さん。
CIMG0578.jpg
こちらのビルの2階です。
CIMG0579.jpg

CIMG0581.jpg

こちらの「川端」さんは、懐石料理のお店。
土日の夜は、リーズナブルなお値段で季節のコースをいただけるんだそうです。

今回は6300円の「若水」コースをお願いしております。
9月9日の重陽の節句(ちょうようのせっく)をテーマにしたコースになっているんだそうです。

さて、銀座でディナーで6300円っていうと、どんなもんを想像しますか?
洋食でしたら、だいたい5品くらいかなぁ〜。
そんな想像をしながらご覧くださいませ。

さぁ、まずは、「先付」。
CIMG0588.jpg
『柿の白和え・菊型の器で』
重陽の節句に「菊」を鑑賞するという宴が行われていたんだそうですね。

「柿」をいう秋らしい、それも果物を使った、先付。

・・どうやら、只者ならぬお店のようです・・・。
大変なお店に来てしまった予感・・・。

そして、「前菜」。
CIMG0590.jpg

開けると3品が、はいっています。
CIMG0592.jpg


CIMG0593.jpg
『小鯛寿司・柿の葉包み、ずんだチーズ、新銀杏の松葉刺し、厚焼き玉子』


CIMG0594.jpg
『もってほか菊の酸味出汁』


CIMG0595.jpg
『卵の月見羹』


すごいね。

その、彩の美しさに感激しちゃいますよ。
それに、秋づくし。
季節感じるよね〜。
日本料理、いいよね〜。(^^)

そして「お椀」
CIMG0597.jpg
『蓮根のすり流し』

中に、湯葉、人参、柚子などがはいっています。




それから、「お造り」
CIMG0602.jpg
『真鯛とアオリイカのお造り・二色の柚子釜仕立て』

青柚子と黄色い柚子の器に、真鯛とアオリイカがそれぞれはいっています。
CIMG0604.jpg




「焼物」
CIMG0610.jpg
『いちじくと胡椒味噌、秋刀魚の幽庵焼』




「冷やし皿」
CIMG0613.jpg
『京蕪の菊花あん』




ここまでで、先付のぞいて、5品。
どれも、びっくりするくらい、美味しいんです。
ほんと、見て美味しい、食べて美味しい。
和食の力を見せつけられてます。

でも、まだまだ、もっとあるんですよ。



つぎは「油物」
CIMG0615.jpg
『とうもろこし、ししとう、鱚の磯部巻き、蕎麦の松葉揚げ』




「食事」
CIMG0616.jpg
CIMG0619.jpg
『しめじ炊き込みご飯と凍豆腐の味噌汁』




「水の物」
CIMG0623.jpg
『レモンシャーベット、ザクロ、巨峰、ミント』




「甘味」
CIMG0626.jpg
『冷やし白玉、栗の甘煮』

CIMG0629.jpg
『お抹茶』




うわぁ〜。
全部で9品!!

すごい。

改めて申し上げます。

どれもこれも、本当に美味しい。
我輩なんかが、食べていいものか、疑うくらい、美味しい。
着てくる服、まずったかな?と思っちゃうくらい、美味しい。

このほか、日本酒もいただきまして、こんな感じで、冷えたままになるように出てくるんです。
CIMG0589.jpg
CIMG0599.jpg

一つ一つ、ここは、味がこーで、あーで、って書くのはやめました。
とにかく、美味しかった。

付け加えて言えば、このコースが一つの作品。
作品全体として、素晴らしい!

こんな言葉使いたくないんだけど、コストパフォーマンスもいいし、満足度がたかいです。

このリーズナブルなコースは、土日のみやっているそうです。

一軒目から、びっくりです。
こんなスタートって、あり?
ね〜、ありなの?

本当に美味しかった。
ごちそうさまでした。

川端

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:懐石・会席料理 | 新橋駅銀座駅東銀座駅





コメント

OGT(DAIGO風に言ってみました)毎回素敵な店をチョイスされますな~(犬嬉)
自分も銀座職場時代お昼ランチしましたが‥牛丼ラーメンばかりでした(犬寂)流石銀座の懐石料理!思わず食べたくなる料理ばかりマルルさん言う通り懐石料理は美の様式を追究していて見て食べて全てが美しく一体化しています 玉手箱から出て来るお料理が指示していますね~ …但しこれで終わらないのがOGTの恐ろしさ(犬笑)素晴らしい懐石の後の2軒目楽しみね
因みに以前は懐石料理のちょびっと感が嫌でお料理 丼でだしてくれ~と言いそうになりましたが 今はこれ位が丁度良いですね
Re: OGT(DAIGO風に言ってみました)毎回素敵な店をチョイスされますな~(犬嬉)
>しぼ犬様
コメントありがとうございます。
銀座っていうと、昔は「スエヒロ」のステーキランチとか、お手ごろなランチもありましたが、最近はあるのかなぁ?
今となっては、やっぱり高いイメージがありますよね。
今回は銀ブラ食べ歩きなんですが、このあと2軒目もお楽しみに。
それにしても、懐石料理なんてなかなか食べられないので、よい勉強になりました。
このちょびっとずつでも、結構おなかいっぱいになるんですよね。
懐石料理はダイエットにいいかも。 あ、財布もダイエットしちゃうぅ~っ!
No title
重陽は五行説では数字の奇数が陽で偶数が陰になっていて9は数字の中で一番大きな陽の数字で、その9が重なっているので重陽ですね。
旧暦だと大体一か月くらい後になるので丁度菊の花が咲いている時期になるので菊の節句になっています。
食前酒に菊酒は出なかったんですか?
菊酒は邪気払いや長寿を願って重陽の時に飲んだそうです。

菊の酸味出汁って土佐酢ではないんですか?
無花果の田楽って結構美味しいですよね。
無花果がそこまで甘味が強い物ではないので、果汁が甘めの出汁みたいになって意外と味噌に合うんですよね。

このコース里芋が有れば9月の料理として完成度が上がると思うんですけどね。
9月の十五夜が別名芋名月で、昔は里芋をお供えしてたらしいので。
Re: No title
>lemat様
コメントありがとうございます。
さすが、とても博学でいらっしゃいますね。
私は無知なもので、lemat様のおっしゃられることには、全く気が付きませんでした。
このような為になる知識を、私のコメント欄に書いていただくのはもったいないので、ご自分のブログに書かれると、より一層素晴らしいと思います。
こちらのお店、とても素敵なお店なので、是非、いちど行かれてみてください。
その時、菊酒や土佐酢など、お店の方に伺ってみてください。
lematさんほど和食に詳しい人はなかなかいないので、お店のご主人もびっくりしちゃうんじゃないかなと思いますよ。

管理者のみに表示

トラックバック