栃木県の記事 (1/1)

栃木路そばの旅、その弐。山奥へ向かう道にある蕎麦の名店。 栃木佐野市 かみやま


前回の「出流そば」の「さとや」さんで軽く食べた我々は、「ミスターK」さんの運転で栃木観光。(^^)/
道の駅で買い物したり、日帰り温泉のあるお宿に立ち寄ったりと、コスモスと彼岸花の咲く初秋を楽しんでおります。
さて、この辺で、もう一軒、お蕎麦どうっすか?
と、向かった先は、足利。
そして、ついたのは、なんと神社。
それも、神社は見えず、目の前に有るのは、229段もある石段。
「この上にあるんですよ。(^^)」

えーーーっ!なんですとぉ〜っ!!(^^)//

聞いてない聞いてない、そんな過酷な蕎麦屋さん、聞いてない。

ま、でもさ、食べることになると身軽な我が輩。
えっちらおっちら、石段を上り始めました。
膝が笑う笑う。大爆笑!!

そして、頂上ちょっと手前にそのお店があったのです。

「あぁ〜、着いた!」

しかし、我が輩が目にしたのは、「本日は終了しました。」の文字。

せつない。
せつないのぉ〜。(^^)

これも何かのご縁でしょう。
石段を登りきった所にある、立派な神社でお参りしました。

さて、ほんじゃま、どうすっべか?
とりあえず、車に戻った我々ですが、「ミスターK」さんには、どうやら秘策があったようです。

「とっときのところ、いきましょ。」(^^)

車は、どんどん走って行きます。
なんかさ、また、山道だよぉ〜。
あ、また、採掘場があるよぉ〜。
小川が流れていて、綺麗だよぉ〜。

「着きました。」(^^)/

こちらです。
「手打ちそば かみやま」さん。


まぁ〜、走ったね〜。
運転、お疲れさまです。m(__)m

さてさて、入りましょう。

店内は靴を脱いで上がります。
普通の民家なんですね。


でも、隣の倉をつなげて客間にしてます。
ってことは、これお客さんで満員になっちゃうってこと?
こんな山奥で?

すごい。

ま、お品書きを。


まずは、「焼きネギみそ」(450円)


うわぁ〜!
味噌の香ばしい香りと、ネギと。
美味しい!
っていうかさ、ご飯、食べたくなっちゃうじゃん!!(^^)/

そして、「野菜のてんぷら盛り合わせ」(1300円)


すごい、ボリューム。


茄子、まいたけ、しいたけ・・・。
山の幸が、美味しいね。
カラッと揚がっていて、本当、おいしい。

そして、やっぱり、そばだよね。
「もりそば」(650円)




うわぁ〜。
この、透き通ったような、感じ。


そして、この艶。

さて、いただきます!
(^0^)



あぁ     美味しい。

コシがあって、つるっと喉越しよくて。
そばの風味が、来るね〜!!
そばつゆは、深いコクとまろやかさがあります。
カドがない味です。

美味しい。

どういう美味しさかというと、「Tha そば」って言う感じ。
これが、そばです!
これが、そばのコアですっていう感じです。

理想のそば・・例えば・・・そばの香り高くて、手打ちで少し不揃いで、柔らかくて、でもコシがあって、なめらかで、締まっていて、みずみずしくて、そばつゆは香りが有って、まろやかで、わさびは甘くてつ〜んとして、そば湯は白濁していて・・・・・。

こんな「そば」だったらいいなぁ〜っていう、「そのもの」が出て来たって感じです。

そば湯をいれて、飲み干しちゃいました。


「ここは、うまいんですよ。出流よりも旨いと思います」とミスターKさん。

なるほど〜。
わかるぅ〜。わかるよぉ〜。

あぁ、美味しかった。

今回の「栃木路そばの旅」。
いままで何気なく食べていた「そば」。
その「細かい違い」に気付かせてくれた旅でした。

おいしかった。
そして、栃木・・・・いいね〜!!





手打そば かみやま
栃木県佐野市秋山町305
0283-87-0036
11時〜18時
定休日 木曜日



栃木路そばの旅、その壱。石灰採掘場の奥にある「蕎麦の村」 栃木市出流町 さとや


良い季節になりましたね〜。
我が輩、ちょっくら栃木まで行って来ました。
この前は佐野ラーメンに行きましたが、今回は蕎麦です。

知り合いの栃木在住、蕎麦イストの「ミスターK」さんに蕎麦の美味しいお店を案内してもらいました。

待ち合わせは、栃木駅。
北千住からは東武線の快速で約1時間で到着。
ミスターKさんが車で迎えに来てくれてまして、Kさんの運転でまずは一軒目のお店へ。

「凄い所を走りますよぉ〜(^^)」

不敵な笑みを浮かべてますよぉ〜。
凄い所って・・・・。

車はどんどん山の方へ向かいます。
あれ?
なんか、民家まで、なくなっちゃって・・・・。
え?
なにあれ?
なんか切り立ったというか、切り崩した山肌。
工場みたいなのがあるし、ダンプもとまってるし・・・。

「ここは、石灰の採掘場なんですよ。」とミスターKさん。

ほら。道路まで、石灰の粉で白くなってるし。
こんなところの先にあるの?

「この道は一本道なんですよ。これから行く村がドンツキです。」

あのね、お店ってさ、人が来てお店だよぉ〜。
こんな人里離れたところでお店やったって・・・。

「ほら、前の車も、後ろは知っている車も、多分蕎麦を食べに行くんですよ。」

あ、いつの間にか、車が走っている。

しばらく行くと、民家が見え始めました。
「蕎麦屋さんが4軒くらいある村なんです。」

あ、本当だ。蕎麦屋さんがある。
それに、手前のお蕎麦屋さんは、駐車場がほぼ満車!!
え!!(^^)//

「コチラのお店は、一番有名なんですが、いつも混んでいるんです。奥にあるお蕎麦屋さんが、ゆったり食べられますから、そこに行きましょう。」

とミスターKさんが停めたのは、こちら。

「手打ちそば さとや」さん。


いやぁ〜、それにしても、空気が綺麗だね〜。空気が美味しいよ。
(^^)/


コチラは栃木県栃木市の出流(いずる)町というところなんですって。

えっと、おみせは・・・?


お店は、階段を上がった所に有りました。

「さとや」さん。


店頭には、おすすめメニュー。


それから、詩。


早速、入ってみましょう。
お腹へったよぉ〜。

お店は、履物を脱いで上がります。
広くて明るい店内ですね。

板の間の座敷になっていて、広くてゆったりしています。
さて、メニューをみましょう。

おすすめの三品。


コチラもありますね。



・・・・ということで、注文終了。
あとは、待つだけですね。

改めて店内を見回すと、とても綺麗で雰囲気が良いですね。

窓が大きいので、日の光と木の温かさがいい感じにリラックスさせてくれます。


置物も凝っていて、ホッとする感じ。


いいじゃん、いいじゃん!!(^^)//
ちょいとちょいとぉ〜、ミスターK、いいじゃんよぉ〜!!


こういう雰囲気、超好きぃ〜。

お、お蕎麦が出来たみたいですね。

まずは、「五合そば」(1500円)
2〜3人前のそばです。


そして、「生粉打ちそば」(700円)


それと、「まいたけ天」(630円)


うぉ〜っ!美味しそうだぜ〜。

いただきまーす。

まずは、五合そば。
これは、二八ですかね?

アップでポン!

よく締まっています。キュッと締まっていて、程よい歯応え。
さらに喉越しも良いね〜。
美味しい。

まいたけ天をいただきましょう。

肉厚で、旨い!
抹茶塩でいただくんですが、しっかり大きめで肉厚でカラッと揚がっていて、あぁ〜、うまい!

さて、生粉打ちそばをいただきましょう。
こちらは、十割ですね。

先のほどの五合より太いです。
十割独特の、ぬるっとした滑り具合。
弾力。
そばの香り。

あぁ、先ほどの五合そばとは、また違った味わいです。
美味しい!

コチラの「つゆ」は、若干しょっぱさの角が立っているものの、我が輩はそんな味が好き。
そば湯で最後まで飲み干しちゃいました。

一つ、とても気になった事があります。
「水」が美味しい。

明らかに分かります。

この水で打ったり、締めたりするんですよね。
これは、美味しいはずです。

突出した何かがあるというよりも、「我々が思い描く『蕎麦』にかなり近い蕎麦」というのかなぁ。
「ずっと食べたかった蕎麦」っていうのかな。
そんな感じかなと思います。

ミスターKさん曰く、他のお店も味的には同じだと言う事。

あぁ、美味しかった。

じつは、この、出流そば。
仲の良いブロガーさんが、以前、話してくれたんですよね。
「旨い蕎麦屋の村があるんだよ」って。

ようやく、来れた。(^^)/

そば処 さとや
栃木県栃木市出流町179
0282ー31ー0919
11時〜18時


アウトレット帰りに、ちょっくらサノラー食べラー! 佐野 ようすけ


ある休みの日。
朝早く車で「佐野プレミアムアウトレット」へ。
嬉れし楽しや、ショッピングゥ〜♪
ちょっとウィンドウショッピングと思ったけど、あらら、結構買っちゃった。(^^;)
ずるいよね。
「3点お買い上げになると、さらに30%オフになりまーす!」
って、買うじゃん。
3つ、無理矢理買うじゃん!!
術中にまんまとはまるマルルです。

さて、あんまりいると、お金がいくらあっても足らないので、帰ろうっと!

折角、佐野まで来たんですから、やっぱりラーメン食べようよ。
ということで、来ました。


こちら「青竹手打ちラーメン 麺屋ようすけ」さん。
田島駅の目の前。
車ですと、県道7号館林佐野線沿いにあります。


この前のGWの時、電車で来た時に電車から見えて、とても気になっていたんです。
県道沿いで駐車場もあり、お店も新しい感じで、チェーンではないようす。
ってことは、美味しいからお客さんが入って、それでリニューアルでこちらに建てた・・・。
と、勝手に推測してました。

ま、そうだかどうだか、試しに食べてみましょう。

早速入ってみましょう。

店内は広くてゆとりが有りますね。
テーブル席と奥には座敷があります。

メニューを拝見〜。

ベースは醤油。
メニューには数種類書いてありますが、ベースのラーメンにトッピングをしたもの。
そのほかは「創作の塩ラーメン」という塩ベースが一つあります。

裏面は、おつまみとかご飯ものとか、餃子等。

我が輩は「ラーメン」(580円)と「餃子」(280円)を注文しました。

しばし待って、きましたよ〜。

こちらね!


おーっ!
シンプル!!

アップでポン!


「なると」が、いいね〜。

ん〜、良い香り。

いただきまーす。
(^0^)


麺は、佐野ラーメンの青竹手打ちの特徴が良く出ています。
ちょっと平たくて、滑らかで、つるんとした感じ。
前回たべたお店の「ピロピロ感」はそれほどないです。
ある程度コシがあって、いい感じですね。
この滑らかさが、いいですね。

スープは鶏ガラベースであっさりしてるんだけど、ちゃんと出汁がでていて、凄く美味しい。
化学調味料は使ってないか、少量なんでしょうかね。
化調の変な後味はほとんどないです。

チャーシューがこれまた、旨い!
佐野ラーメンのお店は、チャーシューにお店の情熱が感じられますね。
柔らかくてトロケル感じ。
味もしっかり浸みていて、凄く美味しい。
メンマも自家製でしょうかね。
味、歯応えともに、いいです。
柔らかめの麺とは対象的な歯応えは、アクセントになりますね。

おっと、餃子がきましたね。


ゴロッとした餃子が3個。
大振りです。


たべまーす。
(^^)


あっ。
皮がもちっとしていて、とても丁寧に作ってます。
具は野菜が多めで、ほどよくジューシー。
美味しい。

熱々だったので、お約束通り上顎をやけどしました。(^^;)

あぁ〜、それにしても美味しい。
ラーメンはもちろんスープまで完食です。
こちらのラーメンは、スープ、麺、具、どれもが満足のいくもので、このお値段だし、これは文句の付けようがないです。
なにせ、栃木県の佐野市なので、ちょくちょくはいけないですが、アウトレットに行ったときには、絶対にまた来ようっと。

美味しかった。
ごちそうさまでした。

おみせでーた
麺屋ようすけ
栃木県佐野市田島232
0283-85-9221
11時〜14時半 17時〜21時
土日祝 11時〜21時
定休日 火曜日