デカ盛り(大盛り)の記事 (1/15)

我が輩のスタートのあのお店が、北千住にキターッ! 北千住 ゴーゴーカレー


我が輩のブログは、
ここから始まった。
「ゴーゴーカレー」始まった・・・。 ん?掛かってる?大丈夫?(^^)

2006年の5月14日。
このブログ、第一回目の記事は「ゴーゴーカレー秋葉原1号店」での「メジャーカレー」のレポでした。

あれから8年の時を経て、ゴーゴーカレーが我が輩の所に来た。
そう、北千住に出来たのです。

その名も、「ゴーゴーカレー 北千住宿場町通りスタジアム」

場所は北千住西口、宿場町通りのバーミヤンの向かいです。

その場所は数週間前まで「シルク」という婦人服屋さんでした。
そのお店が閉店してすぐに、改装工事が始まったのですが、そこにはゴーゴーカレーの旗が・・・。

「北千住にゴーゴーカレーが出来るらしい」
とい噂は瞬く間に広がりました。

改装工事から約3週間たった6月5日のオープン。



速攻です!
かなりの速攻です!
Aクイックでノーブロックで相手のコート、ズバーン!みたいな、そんな感じ。

ということで、これは、我が輩、行かなきゃよ。
でしょ?

早速行ってみました。

あいにくの雨模様だったのですが、賑わってますね〜。
早速入りましょう。


店内はいると、右手に券売機があります。


さてさて、何食べようかな?

久しぶりのデカ系、いっちゃいましょうか。

つーことで、


「メジャーカレー ビジネスクラス」(1150円)

ふふふ。
(^^)

お店は、奥に細長い感じ。
手前がテーブル席で奥がUの字のカウンター。
そして、その奥が厨房。

我が輩は奥のカウンターにすわりました。

ざっと見渡すと、お客さんのほとんどが男性。
それも、ま、大学生くらいの若者。

でも、みんな、フツーのカツカレーとか食べてるよ。
えー。
メジャーカレー、たべないの?
食べようよぉ〜。

そんなこんなしていたら、出来たみたいです。

こちら!


じゃ〜ん!

横からポン!


アップでポン!


トッピングは、エビフライ、チキンカツ(手前)、ロースカツ(奥)、ゆで卵、ウィンナー(2本)。

で、このカレー、ビジネスクラスってなっていますが、これはライスの量が520gなんです。

さて、いただきまーす。
(^0^)


久しぶりですね。
この、マッタリと濃厚なカレー。
辛さは、甘口から中辛の間くらいでしょうかね。

トッピングのカツにはソースが掛かっているのも、こちらの特徴。

そして、スプーンじゃなくて、幅広のフォークでいただくのも特徴です。

これは、コチラのカレーの出身でもある金沢カレーの特徴とも言えるんだそうです。

キャベツはお替わりオッケーなんだそうです。

最近、デカ盛りを敬遠していたので、ちょっちゅ不安だったのですが、完食ぅ〜。

お腹いっぱいですぅ〜。
(^s^)

大学生さんには、もってこいのお店ですね。

ご馳走様でした〜。



ゴーゴーカレー 北千住宿場町通りスタジアム
東京都足立区千住3-35 シルクビル1F
03-3882-2355
年中無休
10時55分〜22時55分


あれっぽいカレー屋が北千住に!ガッツリ男子、はよ!! 北千住 J’s curry(ジェイズカレー)


北千住の宿場町通り。

最近、改装しているお店があって、なんとなく飲食店になるっぽい感じだったので、なにになるんだろうなぁ〜って思っていました。

そしたら、昨日、4月26日にいきなりオープンしてました!!

ビックリ!!

ビックリして、入っちゃった。(^^)

こちら、

「ニッポンのカレー  J’s curry」さん。


ネット社会の昨今。
検索をかけるのに、アポストロフィー入りの店名って入力し辛いんですよね。

ま、そんなこと、いっか。

っていうか、カレー屋さんなんだね。

入ってみましょう。

まず、券売機があります。


あ。




これ!
これって、最近、みた事ある。

カレーが2種類で、大、中、小とも同値段。

んで、トッピングを3つまで選べる・・・。


秋葉原でみたことある。

そう・・・”カレ飲み”。(あんまり親近感あるので、略しちゃってます)

その「カレ飲み」と似てる感じなんですね。

我が輩は「大江戸赤鶏カレー」(中)800円をオーダー。

(価格の変更がありまして、黒牛豚カレーは850円。赤鶏カレーは790円になっております。)

半円形のカウンターのみの店内。
席は10席ほどありますね。

食券をわたして、待ちましょう。

とね、目の前にトッピングボード。
(^^)


3つ選んで、数字を出しておきます。

我が輩は、1の「千住葱ミックスフライ」、4の「じゃがいも揚げ」、8の「ポテトサラダ」。

しばしまって、出来たみたいですね。

トッピングは出来上がり直前に訊かれます。

「ジャガイモ」がかぶっていたので、直前にて変更して、3の「肉団子」に。

こちらですね。



アップでぽん!


ん〜、いい感じだよぉ〜。


いただきまーす。

ご飯は中サイズですと、300g。
普通の大盛サイズほどありますね。


カレーは、トマトがはいっていて、ちょっと酸味のある感じ。
スパイスも効いていますが、デフォルトでは若干甘口。
辛味を効かせたいひとは、券売機で「パンチ券」を購入。
パンチ1は無料ですが、パンチ2は100円也!
どんなパンチや!!
デフォルトでもしっかり旨味が有ります。
鶏がゴロっとはいっていて、美味しい。
しっかりしていて、美味しいですね。


でも「カレ飲み」と似てるなぁ〜。

二郎もロメスパもそうだったけど、リスペクトされて同じようなお店が沢山出来るんだよね。

これから、オリジナルのメニューもいろいろ増やしていく予定だそうです。
楽しみですね〜。

大手カレーチェーン店こそ進出はしていませんが、ちょっとしたカレー戦争がはじまるか?
ルーの美味しさには定評が有る「カレーバー GAKU」さん。
マンゴーとピクルスの薬味で乙女に人気の「チューリップカフェ」さん。
そこに登場した、ガッツリカレーの「ジェイズカレー J’s curry」さん。

これは、またまた、面白くなりそうですぞ〜。

ふふふ。



ニッポンのカレー J’s curry ジェイズカレー 
住所(このへん)
電話
定休日
とも不明。(分かり次第 追加します)


北海道はでっかいどぉ〜、ってことで、デカ盛り食べたでしゅ。 北千住 ひむろ


夏ぐらいに出来たお店なんですね。
我が輩、何度か食べているんですが、レポは初めてです。

北千住西口、本町センター通り。
トポスの少し手前にあります。

こちら、「北海道らーめん ひむろ」さん。


それにしても、続々とラーメン屋さんの新店が出来ますね。

こちらは、味噌ラーメンが売りなんですよね。

店頭のボードをみますと、味噌から醤油からバリエーションありますね。


でもね、ちょっと気になるものがあるんですよ。

それが、これ!
「みそでっかいどう」だって。(^^)/


『ネーミングは寒いが、その迫力はかなりのもの・・・・』ってなんか自虐的だし。

これ、気になるぅ〜。

ま、入ってみましょう。

入ると券売機があるので、食券を購入します。

やっぱり、きになるなぁ〜。
って「みそでっかいどう」(1100円)をポチッとな。

麺が2倍、スープも2倍ってあったよね。


丸八ふとんじゃないんだしね、「ニバイ、ニバイ!」ってね。

たべられるかなぁ〜。

ちょっとまって、来ましたよ。

これが、「みそでっかいどう」です!



横からぽん!


コップと列んでぽん!


我が輩の手、おこちゃまの手みたい・・・(^^;)


デカイ。

ちょっと持ってみたけど、かなり思い。

となりの人、いま横目で、チラッとみたでしょ!!
あぁ。
48のオッサン。ちょっと「やっちゃった感」しております。

もやしが山になってるし・・・。

あのぉ〜、ここ、二郎ですかぁ?

味玉もあるし、チャーシューは角切りになってます。



いただきまーす。(^^)

まず、スープを。

スープは王道の味噌味。

コクがあって美味しいです。
甘さがほとんどないのが、オーソドックスな味噌味ですね。
安心できます。

美味しいです。

麺は、この黄色っぽいちょっと縮れてる感じの麺です。


もやしから、食べて行きましょう。

それにしても、この味噌味は美味しいね。
もやしや麺との絡みも抜群。

どんどん食べられちゃいます。

ただ、熱いから、やけどしないようにね。(^^)

久しぶりにデカ盛りですが、調子良く食べて行ってますよ。
ふふふ〜ん♪

ちょっと味変したいときは、やっぱり七味だね。

七味をいれて、食べて行きましょう。

麺があと3分の一人前になったときに、ちょっとキツくなって来た。

まぁ、そんなことも、スルーして、一気に完食へ。

スープは全部は飲みませんでした。

あぁ、お腹ぺこぺこだったから、大満足!

でも、やっぱり麺大盛位の方が、いいね。
「でっかいどう」は学生諸君に任せるどぉ〜!!

美味しかった。
ご馳走様でした。


北海道らーめん ひむろ 北千住店
東京都足立区千住2−44


よーし!!700gのジャイアンに挑戦だーっ! 北千住 ピッカンテ


前々回レポした、北千住東口にできた「ロメスパ屋」の「ピッカンテ」さんですが、今回はジャイアンを食べにいきました。

茹で上げで700gなんですって。

うー。

食べることができるかなぁ〜。(^^;)

初回に伺った時は、500gの大盛でした。

様子見で2度も500gを食べたんですが、そろそろ、「あれ〜、それどまりですかぁ〜?」という声が聞こえそうな予感。

というか、メニューに700gのジャイアンっていうサイズがあるんだから、食べましょうよ!

ねっ!

はい(^^)/

というわけで、「バジオ」のジャイアンをオーダー。

バジオとは、醤油味で豚、えび、小松菜、大葉、玉葱、鰹節が入ったもの。

ジャイアンサイズは880円です。

お店の人に「ジャイアンで」とオーダーしたら、「おぉー。(^^)」と言われましたが、いやいや。どうしてどうして。
見た感じ、普通に食う系でしょ?我が輩、ジャイアン食らっちゃう系でしょ?
ウォデブですもん。

つーことで、待つ事しばし。

できましたぁ〜。

これね。


これが、700gのジャイアンだー!

・・・

横からポン!


・・・



・・・

あんまり、変わらなくね?

とりあえず、前回の500g大盛の画像も載せてみますね。




ま、大盛のときよりは、お皿にのるのが危うい感は出てますね。

ホンジャマ、いただきまーす。

(^0^)/

おぉ〜。美味しい。


見た感じ、食べられちゃいそうなので、特にスピードも上げずに、良く噛んで食べましょ。

パクパク。
パクパク。

ちょっと濃いめの味付けなので、すすむすすむ。
大葉の香りもいいし、醤油味なのでさっぱり食べられますね。
海老もわりと入ってます。
美味しい。

パクパク。
(^0^)
パクパク。
(^0^)

コチラのお店は、具がしっかり入っているので、ロメスパにありがちな安っぽい感じは無いです。

パクパク。
パクパク。

あ、完食しちゃった。

おれ、デブじゃん!!

難なく、たいらげちゃいました。

ということで、お会計の時に、ま、確認の意味で、「この上のサイズってあるんですか?」って訊いたら、1kgの「ドカベン」というサイズがあるんだそうです。

でもこれは、裏メニューで、ジャイアンを完食した人のみ注文できるとのことでした。
(本来は完食の証拠のカードをくれるんですが、今回はカードが見当たらないということで、店員さんのサイン入りメモ。)


さーて、1kgでしょぉ〜。
ん〜、これは、やるかどうか、わからないなぁ〜。

ということで、まずは、ジャイアンの完食レポでした。

おみせでーた
ロメスパxイタ飯 PICCANTE(ピッカンテ)
東京都足立区千住旭町35-18 書店ビル1F
050-5797-7356
無休
ランチ 11時〜15時
ディナー 17時〜24時

太麺プニプニのロメスパ。北千住に登場!! 北千住 ピッカンテ


なんとなんと!
北千住にロメスパができたとの情報をいただき、早速行ってみました。

「ロメスパ」っていうのは、「路傍の麺(立ち食い蕎麦)のスパゲッティー」の略で、「立ち食い感覚で食べられるスパゲッティー」という意味だそうです。
銀座の「ジャポネ」さんや、大手町の「リトル小岩井」さんを筆頭に、最近流行のお店では「パンチョ」さんに見られるように、「茹で置きしたスパゲティーを炒めて出す」あのスタイルですね。

ふむふむ、立ち食い蕎麦屋さんも、茹で置きした蕎麦を温め直して出しますよね。
そのつながりなんですね。

あー、でもでも、懐かしいな。
我が輩が子供の頃は、茹で上げパスタをやっているイタ飯屋さんなんてなくて、スパゲッティーは喫茶店かレストランでたべたものでしたが、ほとんど茹で置きで炒めて出て来たような気がします。
それと、その頃好きだったのが、「ママー スパゲッティ」。
真空パックの「半茹でした麺」とレトルトのスパゲッティソースが一緒になった、アレ。

なので、この「ロメスパ」と称されるものは、大好きな世代なのです。

さて、そんなロメスパのお店が北千住にも出来んですよね。

場所は、今や新しいお店がどんどん出来ている、北千住の東口。
学園通り商店街を直進していくと、成和信用金庫の少し先の左側。
前は書店だった場所です。

こちら。

「ピッカンテ」さん。


お店の作りから行って、個人経営のお店ではなさそうですね。
さて、入ってみましょうね。


ほうほう。なるほどね。
ランチはロメスパなんですね。


店内は手前がカウンターメインで2人テーブルが数卓。
奥は普通のテーブル席になっていますが、ランチは手前のエリアのみだそうです。

我が輩はカウンターに座ってメニューを拝見です。

おー、いいですね〜。
9種類ですね。


それでは、「ソイオ」の大盛(500g)680円、にしましょう。

茹で置きスパですので、まぁ、ざっくり茹でる時間はないわけです。
なので、調理時間自体は短くてすみます。

できたみたいですね〜。

こちらね。


鰹節がいい感じ。
この「ソイオ」は醤油、豚肉、玉葱、小松菜、かつおぶし、が入っています。


小松菜!!

ジャポネライクですね〜。
銀座のジャポネさんも、全てに小松菜がはいっていて、初め食べた時は、「なんで小松菜なの?」って思っちゃったくらいです。

アップでポン!


このもっちりとしてそうな太麺が、ヨサゲですよ〜ん。

いただきまーす。

ん!
醤油と鰹節で、和風なお味。

美味しい。

若干味は濃いめですが、これはロメスパの特徴のような。

大盛は500グラムですが、我が輩はサラッと食べちゃいました。
豚肉もわりと入っていて、お値段的には、いい感じですよね。

美味しかった。

以上は先週のお話。
実は、今日も行って来ちゃった。
2度目の訪問です。

今回は別のものを頼みました。
「ナポリ」大盛で、「小松菜マシマシ」で。(880円)

おい!
マシマシなんて、二郎みたいじゃん!

できました〜。
こちらね。


ほーら、小松菜いっぱ〜い!(^^)/


アップでポン!


う〜ん。デロデロ感が、いい感じですぅ〜。

いただきまーす。

あはっ。
美味しい。
ナポリタンって言う感じですぅ。
小松菜も、結構ジューシーで美味しいですね。

でも、ちょっとアドバイスするなら、ケチャップがこの3分の2の量で良いかも。
その方が食べやすいですね。

でもベーコンも割と入ってるし、いい感じでした。

「週に一度はロメスパ」

なんだか、行きたくなっちゃいますすね〜。

次は700gも「ジャイアン」に挑戦だ。


おみせでーた
ロメスパxイタ飯 PICCANTE(ピッカンテ)
東京都足立区千住旭町35-18 書店ビル1F
050-5797-7356
無休
ランチ 11時〜15時
ディナー 17時〜24時

そりゃ、大間のマグロにゃぁ負けるけど、大間じゃなくて大盛だい! 三河島 大和水産


ま、なんだか巷じゃ、一億ウン千万で大間のまぐろが初競りで落札されたとか。
そのニュースをテレビでみていた「ふるふる」さんは
「マルルさん、まぐろ食べたんですね。テレビみましたよぉ〜」って。

え?また我が輩、テレビ出たの?
また、パクパクしちゃったの?
出たかな〜?
つか、まぐろ食べたかなぁ〜?

良く話を聞いてみると、我が輩に良く似た人がいたらしく、ひと間違い。

だよね〜。

最近、まぐろ、パクパクしてないもんなぁ〜。

・・・。

食べたい。
まぐろ!

ま・・・ぐ・・・ろ・・・・マグロっ!!

まぐろ 食いてーっ!

つーことで、来ちゃった。

三河島でございます。


三河島の駅前。
ほんと、超駅前にある、「大和水産」さん。
こちらのビルの2階にある、「大和水産 鉄火丼」。
うーむ、これは、店名なのでしょうかね?

一階のお店でもいただけるんでしょうが、こちらは鉄火丼専門のお店になっているみたいです。

入ると、ちょっちゅ鰻の寝床みたいな細長い感じ。


前回は「鉄火丼」をいただいたのですが、コチラが大のお気に入りの「ふるふる」さん曰く、みっくす丼がおすすめらしい。

ので、今日は「みっくす丼(中トロ&赤身)」(大盛 1150円)にしましょう。


お茶、とおてしょ(小皿)と緑の札。


料理自体は一階のお寿司屋さんでつくられて、エレベーターで二階に上がってくる仕組みですね。

お、きたきた。

これこれ。


あらまーっ!どっさりだこと!!(^0^)/


お味噌汁も付きます。


盛り上がりが、すばらしい。


アップでポン!


うわぁ〜、キレイ!!
海のダイヤモンドだねっ!(^0^)

いただきまーす。

いやいや、美味しいね。

そりゃ、寿司屋のガチの中トロにやぁ敵わないですが、こんなに入っていて、ご飯も美味しくて、1150円って凄いよ。

それでさ、一つ一つの刺身が厚い。

あぁー、美味しい。
あぁー、幸せ。
あぁー、血液サラサラ。(^^;)

ひとつだけ注意があります。
こちらの「わさび」、かなり効きます。
ツーンと来ちゃいます。

この時期のまぐろは脂がのってますね。

あー、お腹いっぱい。

美味しかった。
ご馳走様でした。

おみせでーた
大和水産 三河島店(だいわすいさん)
東京都荒川区荒川3-61-4
03-3891-6341
11時〜14時  16時半〜22時半
日曜日定休

注)2階のコチラの店舗は現在はやっていないとの情報有り。
1階のお寿司屋さんが同じお店なので、そちらで同じメニューをいただけます。

ブヒーッ!豚野郎じゃないってば!!でも気になるから食べちゃお。  秋葉原 野郎ラーメン


考えてみれば最近、秋葉原のジャンク通りあたりには行ってなかったよな。
久しぶりにぶらぶらしてみよう。

そんな思いつきで、秋葉原へ。

ヨドバシとかUDXとかには良く行ってましたが、パーツとかジャンクものは最近買ってないからな。
なんて考えながら、ジャンク通りへ。
まぁ、ジャンク通りっていうのは、かなりの通称で、中央通りと昌平橋通りの間にある道のことなんです。

このあたり、最近、徐々に飲食店が増えて来てまして、来る度に新しいお店に出くわすんです。

今回もこんなのがありました。


ほら!
「野郎ラーメン」だって!
ワイルドだろぉ〜♪


目立つね〜。
黄色だよ。
どうやら、二郎風な感じですね。

ちょっと立ち止まってみてみよ。
店頭のメニューをみると・・。


すげー!
写真やレイアウトも野郎っぽい!
かなりのザックリだなぁ〜。(^^)

おっ!
この、金髪豚野郎・・じゃなかった、「メガ豚野郎ラーメン」っての、凄いじゃん?
たべたいなぁ〜。

よし、はいっちゃお!
つーことで、とつげーき!!

店内に入ると、右側に券売機がありますので、そこで食券を買います。
もちろん、「メガ豚野郎ラーメン」(980円)
一階はカウンターのみ。
二階もあるみたいなんですが、我が輩は一階のカウンター席に座りました。

店内は満席。
外には行列もできるくらいです。

カウンター目の前には、薬味類がありますね。
にんにく、パンチ汁(追加タレ)や酢があります。


しばしまって、きましたよ。

これね。


うわぁ、デカイ。

よこからポン!


嬉しいボリュームですな。
となりの方のノーマルな「豚野郎ラーメン」とは器も一回り大きいのかなぁ。

あ、あれ?
我が輩、デカ盛り敬遠してるんじゃなかったっけ・・。
ま、いっか。

アップでポン!


うほほ。肉が・・肉が・・・厚い!

そして、あじ玉がまるまる一個!

いただきまーす。
(^0^)/

かなりボリュームある様子ですよ。
麺が・・もちあがらない・・。(^^;)

かきわけて、カシャッ!


まずは、野菜なんですが、こちらの野菜は炒めてあります。
二郎系のお店って茹でた野菜ですよね。
あれって、味が無くて、ぶっちゃけ「美味しくない」
もやしにしろキャベツにしろ茹でただけじゃ、ね〜。
こちらは炒めてありますので水分も若干ぬけて、しんなり。
味付けもしてあるので、美味しいし食べやすい。

肝心のお味なんですが、小細工抜きの正油味。
かなりのガッツリな味付けです。
かなりのジャンク。
美味しい。
我輩は、好き。

このジャンクさが見た目の武骨さと相まって「野郎ラーメン」なんですよね。きっと。
ワイルドだろぉ〜♪

量は、麺は二玉分といったところ。
たっぷりの厚切りチャーシューも豚っぽくてよろしい!

ま、なんだかんだいっても、ペロッと食べられちゃいます。

ご馳走様でした。


おみせでーた
野郎ラーメン 秋葉原店
東京都千代田区外神田3-2-11
03-5296-8690
無休
11時〜22時